カーナビがあれば知らない道でもスイスイ行ける

家族

ガラスコーティングを使う

自家用車

車のツヤを出すために、大阪でもカーワックスを利用される方も多くいます。カーワックスは車のメンテナンス品でも手軽な部類で、非常に使いやすいといった点から昔から愛されるカーケア用品です。ただ、カーワックスには雨などで流れ落ちてしまいやすいといったデメリットがあります。また、効果の持続期間も3ヶ月から6ヶ月程度となっているため、ツヤを出し続けるためには定期的なメンテナンスが必要となります。こうした欠点を補うためのコーティングとして、最近はガラスコーティングに移る人が大阪でも増えてきています。ガラスコーティングは車のコーティングで最もグレードが高いもので、値段はカーワックスよりも高くなってしまいますが、コーティングの際の傷も付きにくいのがポイントです。また、カーワックスよりも持続効果が長く、1年以上効果が持続するところもガラスコーティングの魅力です。傷や汚れもつきにくくなり、一般的な汚れは水洗いで簡単に落とせるようになるので、日々のメンテナンスなども楽になるといった利点もあるために大阪でも愛用している人をよく見かけます。しかし、このガラスコーティングにもデメリットはあります。大阪でガラスコーティングをする方法は、専門業者に頼むか自身でやることになりますが、専門業者に頼む場合は数万円という費用がかかってしまいます。また、コーティング剤が完全に硬化するまでの数日は車を預けたままにする必要が出てきます。自身でやる場合には、コーティング剤が完全に乾いて固まるまでの間、雨に濡れないように気をつけるようにしなければいけません。ですが自身でやる場合には費用はコーティング剤だけで済みますので、数千円程度で済む場合がほとんどとなっています。一度コーティングして硬化すれば長持ちするため、日々のメンテナンスが苦手という人はガラスコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。