カーナビがあれば知らない道でもスイスイ行ける

家族

法律で定めた自動車の検査

婦人

検査で必要なことには

自動車を運転するにあたって必要とされるものが車検で、通称では自動車継続検査という名目となっています。全国共通の検査で、自動車を一般道で安全に走行するため、神奈川でも必ず車検を受けなければなりません。これは、道路運送車両法という法律で定められているため、軽自動車や普通乗用車、などは、車検が必要になります。また、250ccを超える自動二輪車や貨物自動車、大型特殊自動車といった車も車検の対象となるのです。この自動車継続検査には、車両の安全性と環境の保全、公害の防止など最低限必要とされる検査項目があり、これは神奈川でも例外ではありません。車両に付いているナンバーに関係なく検査を受けることが義務付けられており、有効期間は車検証やフロントガラスに貼ってある検査標章で確認することが可能です。車検には、有効期間の満了する1ヶ月前から受けることができますが、有効期間が一日でも過ぎた場合は、たとえ神奈川でも一般道を走行することができません。万が一有効期間を過ぎた場合には、仮ナンバーを取得もしくはドラックなどで移動しての検査を受けるという選択肢になります。車検にかかる費用は数万円以上という高額な料金がかかりますが、これには訳があります。自賠責保険料と自動車重量税、印紙代が必ずかかりますが、これは神奈川に限らず全国どこでも必ずかかってしまう最低限の費用なのです。他にも、劣化や消耗品などのクリーニングや部品交換、作業技術料、検査手数料などの費用がかかります。車検を受けられる場所では、新車を扱っているディーラーの整備工場や民間の自動車整備工場があり、現在ではガソリンスタンドやカー用品店、車検専門のフランチャイズ店など多彩に存在するのが特徴です。それぞれ車検にかかる費用や整備項目などに違いがあるため、納得できる場所で車検を受けるようにしましょう。